私はアフターピルを服用したことがありませんが、常日頃から常備しています。
それはもしもの時に備えていて損はないからです。以前は友人に薦められるがままにアフターピルを購入しましたが、それからしばらくして海外旅行へ行きました。その時にアフターピルの必要性に気が付きそれから旅行に行く際も持ちあるいています。
持ち歩くのは良いが問題は服用をするにあたっての注意点や不安要素ですよね。服用にあたり不安だと感じる要素について調べてみました。

1.アフターピル服用法

避妊に失敗したときや強姦などの被害に遭った時に使います。
行為が終わった直後から使う避妊薬です。
行為が終わってから早めに服用することが大切なため私のようにアフターピルを常備している女性も多くいます。

2. アフターピルの副作用

頭痛副作用としてあげられるのが吐き気、嘔吐、腹痛、頭痛、めまいなどです。
ホルモンバランスを崩してしまう作用があり、体への負担も大きいと言えるでしょう。
しかしながら、早めの服用で99%と高い効果で避妊ができます。あまた副作用にも個人差があるため、副作用が出る人もいれば、出ない人もいます。さらに今では副作用が少ないアフターピルも開発がさせれているため従来のアフターピルよりも副作用を訴える「アイピル」というピルもあります。

副作用は24時間以内で消えると言われているそうです。
また、成分は2日間ほどで体から抜けると言われているので3日以降も副作用が続く場合はアフターピルが原因ではないと思います。病院へ行きましょう。

3. 副作用の解決法

服用後だいたい2時間以内から3時間以内におこる女性が多いようです。
もしも副作用が出てしまった場合は酔い止めや吐き気、頭痛薬などを一緒に飲んでも問題ないようです。

また、服用後2時間以内に吐いてしまった時はもう一錠飲む必要があります。2時間以上たっている場合の嘔吐は体にアフターピルの成分が浸透されているのでの見直しをしなくても大丈夫です。