私が、旅好きだということとこの性格を知っている友人から
「もしもの時があった時の為に、アフターピルは
持っておいた方が良いよ」と教えてもらったことから
始まります。

簡単にいえば、レイプに遭った時や軽い気持ちで
関係を持ってしまった時など「私にある訳が無い」
と思っていても起こってしまう時は起こります。

そんな時に何もできないよりは、アフターピルで
自分の身を守れるのであればそうしようと
持っておくことを決めました!

アフターピルというと、以前は産婦人科に行かなければ
処方されないもの、という印象がありました。

薬局では買えないから婦人科に行かなければならず、しかも
婦人科医によっては処方してくれないケースもあるようで、
事前に電話をして確認しなければならない、という話を
聞いたこともあります。

また、何より婦人科は行ったことがない人には恥ずかしいですし、
妊娠出産経験のない人にとっては敷居が高いし、内診なんて嫌だ。
また万が一誰かに会ったら困る!と考える人も多いと思います。

更に保険が効かないアフターピルは経済的な負担になります。

2万円もあればお釣りがくる場合が多いですが、それでも
通常の薬に比べると高いですよね。

また、だいたい性行為が行われるのは夜だと思いますが、
産婦人科じゃあるまいし、夜開いていてアフターピルを
処方してくれる婦人科などまずありません。

また、翌日は仕事で病院には行く暇がない、という人もいるでしょう。

しかし、今は通販でアフターピルを購入できます!ここでは、
通販でアフターピルを購入するメリットを4つ紹介します。

1. 値段が安い

婦人科を受診して処方してもらえばだいたい3千円から2万円という
範囲でお金がかかるアフターピルですが、
通販で買えば千円から2千円ほどで購入ができます。

これはありがたいですね。

特に学生など、経済力がない人にとっても、数千円程度なら安心です。

2. 常備しておける

避妊を失敗した時のために、アフターピルを常に持っておきたい
と思っても、常備するために敢えて婦人科を受診し、
高いお金を払ってその時には使わない薬を常備しておきたい
と思う人はまずいないでしょう。

通販ならば念のためにとアフターピルを事前に
買っておくことができます。

もし何かあっても、安心できますね。

また、通販の場合は郵送に時間がかかってしまうことがあります。

アフターピルは何と言っても72時間以内に服用しなければ
(本当は早い方が良いですが)避妊率が下がってしまいますので、
むしろ通販での購入を考えるならば、事前に1錠は
持っておいた方が良いでしょう。

3. 病院に行かなくて良い

病院に行くとなると、例えば車がない、知り合いに会ったら嫌だ、
などという問題が考えられます。

特に病院に行く手軽な手段がない、となると大変ですよね。

しかも家族に知られたくない場合もあるでしょう。

通販なら家から注文ができます。

そのため、誰にも合わずに済むし、敢えて出かける必要がありません。

また、通販なら24時間注文を受け付けていますので、夜の間中
「どうしよう」と悩まなくて済みます。

更に病院に行って医師に「避妊に失敗した」とは
なかなか言えないものです。

そんな事情も聞かれずに済むのです。

4. 梱包がしっかりしている

家に届けられたアフターピルは、多くの場合しっかり梱包され、
中身が分からないように工夫されています。

これはプライバシーを守るためであり、家族が受け取ったとしても
中身がアフターピルであるということはバレません。

そのため、仮に母親が受け取ったとしても、何か別のものを
購入した振りをすることができます。

このような利点がたくさんある通販のアフターピルですが、
だからといって多用は避けた方が無難です。

アフターピルはあくまでホルモン剤なので、女性の身体に
大きな負担を与え、さらに生理痛が重くなる可能性も
あるため、精神的な影響さえ与えかねません。

そのため、「避妊に失敗したらアフターピルを飲めばいいや!」という
安易な考えはいただけません。

最初から「妊娠したら困る」人の場合、アフターピルを飲まなければ
ならないような事態そのものを避けましょう。

とは言え、女性の最後の砦として、アフターピルについて、
ぜひ知っておくべきでしょう。

アフターピルの詳細については私も参考にした、
女性の助けになってくれるもの、それがアフターピル】を
読んでみることをオススメします。

その他にもいろいろな情報があります。